catch-img

コールセンター クレーム対応の流儀


目次[非表示]

  1. 1.ご挨拶
  2. 2.「クレーム」とは
    1. 2.1.そもそもクレームってなに?
    2. 2.2.クレームはどうして起きる?
  3. 3.クレーム対応のコツ
    1. 3.1.①お客様の話に耳を傾ける
    2. 3.2.②気持ちに寄り添う
    3. 3.3.③解決策、あるいは代替案の提示
  4. 4.受け手の一番の対策はストレスを貯めすぎないこと?
  5. 5.円滑なクレーム対応に必要な環境とは
  6. 6.最後に

ご挨拶

皆様はじめまして!

コールセンターのスーパーバイザーとして日々邁進中の森田と申します!


突然ですが、「クレーム」と聞くと、どんなことをイメージするでしょうか?

苦情・怖い・怒られる・話を聞いてもらえない…等々、

一般的にはネガティブなイメージが強いのではないかと思います。

ですが、どんなクレームにも発生する原因があり、

また、誠実に対応できれば顧客満足度の向上にもつながります。


第2回となる今回は、コールセンターで発生する「クレーム」について、

コールセンターで10年以上勤務した中で培った、私個人の経験を踏まえて

お話ししたいと思います。是非ともお付き合いください!


「クレーム」とは

そもそもクレームってなに?

クレーム(claim)という言葉はもともと、「請求」や「主張」を意味する英語です。

コールセンターでよく聞くクレームは、「苦情」「怒りを伴う要求」として

捉えられることが多く、本来の言葉とは意味の違う和製英語として使われています。


<よくあるクレームの例>

「販売店舗で間違った案内をされ、キャンペーンに参加できなかった!どうにかして!」

「キャンペーンの内容がわかりづらい!不誠実だ!」


こんなことを言われた状況を想像すると、あまり嬉しくはないですよね。

では、そもそもなぜクレームが発生するのか考えてみましょう。


クレームはどうして起きる?

クレームが起きる背景には、ほとんどの場合「期待」が存在します。

お客様は期待を持って商品、サービスに対価を支払い、

その期待が満たされないことで落胆し、クレームが生まれます。


クレーム対応のコツ

クレーム対応のコツは単純明快です。

「お客様の話を聴き、気持ちに寄り添うこと」

これに尽きます。


まず、クレーム対応は基本的に、下図のような手順で進めます。

コールセンターのオペレーターに必要な力には、

話す力である「説明力」と、聴く力である「傾聴力」があり、

①、②には「傾聴力」、③には「説明力」が必要となりますが、

実は、①、②が十分に行えれば、クレーム対応の9割は終了しているのです。


①お客様の話に耳を傾ける

お客様の話を真剣に聴き、言葉の意味だけをとらえるのではなく、

声のトーンや口調にも注意を払い、本質的な要望(ニーズ)を1つ1つ引き出していきましょう。

そしてクレーム対応においては、本当の要望にこそお客様が抱いていた

「期待」が隠されています。


例:


この場合、お客様が期待していたのは「イベントを最後まで楽しむこと」です。

ですから、「そうですか、では新しいものと取り替えます」と答えるだけでは、

お客様の意図を十分に理解した対応とは言えません。


結論を急ぐのではなく、まずはお客様の話に耳を傾けましょう。

お客様が何を求めているのか、どのような想いで話されているのか、

その心情を少しでも多く理解するために「聴く」ことが、

クレーム対応の第一歩となります。



②気持ちに寄り添う

相手の姿が見えないコールセンターでは、お客様の気持ちに寄り添うために、

“あなたの気持ちを理解している”と言葉で伝える」ことが必要です。

誠実な声のトーン、口調を心掛け、真摯に耳を傾けていることを言葉で伝えましょう。

先ほどの例であれば、「ノベルティが壊れていたこと」よりも、

「最後までイベントを楽しく過ごせなかったこと」の方が寄り添うべき気持ち

ということになります。

気持ちを理解していることを伝えるためには、以下のような言い方があります。


<肯定する>

例:「左様でございますね」「仰るとおりです」など

<同意する>

例:「お気持ち、大変よくわかります」「とても残念に感じると思います」など

<お詫びする>

例:「お手数をお掛けし、申し訳ございません」「ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございません」など

<相槌を打つ>

例:「はい」「左様でございますか」「そのようなことがあったのですね」など



③解決策、あるいは代替案の提示

十分な傾聴をもって、お客様の気持ちに寄り添うことができたら、

そこで初めてどんな対応(解決策の提示)ができるかを伝えましょう。


例:

直接的な解決策が提示できない場合、以下のような代替案を提示することもあります。


【ご意見として承る】

例:

貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。

お客様からのご意見として申し伝え、今後の参考とさせていただきます。


【対応の確認を約束する】

例:

ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。

誠に恐れ入りますが、お問い合わせの対応につきましては、一度確認させていただき、

改めてご連絡させていただいてもよろしいでしょうか。


真摯な傾聴の姿勢でお客様とお話しし、

「丁寧に対応してもらい、満足した」と思っていただくことができれば、

クレームは逆に顧客満足を高めるチャンスとなるでしょう。



受け手の一番の対策はストレスを貯めすぎないこと?

今回ご紹介した以外にも、コールセンターには様々な問い合わせ、クレームが寄せられます。

問い合わせを受ける側は、日頃よりストレスを貯めこまず発散することも、

クレーム対策の一環と言えます。



円滑なクレーム対応に必要な環境とは

気持ちに寄り添えればクレームを顧客満足に繋げられる…とはいえ、

強い口調で話すお客様の対応というのはストレスのかかるものです。

一朝一夕とはいきませんが、以下のような勤務環境を整えることで、

クレームに対して安心して対応できるようになります。


■クレームに対応できる体制づくり

⇒スーパーバイザーやリーダーが確実な2次対応を行える体制を強化する

■応対に必要な知識と、それを学ぶ環境

⇒詳しいマニュアルやFAQを整備し、十分な研修を実施する

■対応中の通話をモニタリングする

⇒リアルタイムでモニタリングを行うことで、素早く対応者をフォローできる

■対応中の通話を録音する

⇒録音が残っていることで、言った言わないの2次クレームを避けられる



最後に

今回は、クレームの成り立ちと、対応のコツ・流れをご紹介しました。

皆様の日々のお仕事に少しでも役に立てば嬉しい限りです。


キャンペーン一括代行サービス「キャンパケ」では、

キャンペーンに欠かせないコンタクトセンター(電話/メール)の運営も承っており、

経験豊富なオペレーターがお客様対応を行っております。


「自社では消費者対応までは手が回らない」

「コールセンターが必要だが、備え方が分からない」


といったお悩みがございましたら、いつでもお気軽にお問い合せくださいませ。