catch-img

【すぐに使える!】春のキャンペーン事例集


目次[非表示]

  1. 1.「春」をテーマにしたキャンぺーン事例集
    1. 1.1.【事例1】新生活応援 ファッションアイテムが当たるInstagramキャンペーン
    2. 1.2.【事例2】オンラインショップ ピクニックグッズプレゼントキャンペーン
    3. 1.3.【事例3】買い足し応援 商品券プレゼントTwitterキャンペーン
    4. 1.4.【事例4】春のおでかけ弁当 Instagramキャンペーン
    5. 1.5.【事例5】新入園応援 お昼寝布団プレゼントInstagramキャンペーン
  2. 2.Instagramでの春キャンペーンの傾向
  3. 3.春はキャンペーン実施の好機!
  4. 4.今回のまとめ

まだまだ寒さ厳しい毎日ですが、販促プロモーションとしては、既に春に向けた販促キャンペーンの検討に入っている企業様が多いのではないでしょうか。

実際、キャンパケにも3~5月での実施案件について、多くのご依頼をいただいています。

というわけで、今回は春キャンペーンの事例をご紹介します。


「春」をテーマにしたキャンぺーン事例集

「春」をテーマにしたキャンペーン事例は、例えば以下のようなものです。

成功事例を参考に、企画してみてはいかがでしょうか。


【事例1】新生活応援 ファッションアイテムが当たるInstagramキャンペーン

アパレルメーカーが女性をターゲットに実施したキャンペーンで、公式Instagramアカウントをフォロー、新生活をテーマにしたモノ・コトの写真投稿に指定ハッシュタグを付けて応募。

抽選で自社ブランドのアイテムをプレゼントする企画です。

企画自体はごく一般的なSNSキャンペーンながら、「新生活応援」をテーマに自社ブランドを絡めることで、ブランド認知拡大、商品プロモーション、オンラインショップへの誘導に繋げた例です。


【事例2】オンラインショップ ピクニックグッズプレゼントキャンペーン

こちらもアパレルメーカーが実施したもので、自社オンラインショップにて一定金額以上を購入したユーザに対して、

ピクニックグッズをプレゼントするという企画です。コロナ禍で外出しづらい状況ではあったものの、「春=ピクニック」は連想しやすく、

おウチキャンプやお庭キャンプでも活用できる賞品という点もポイントです。

顧客ロイヤルティの醸成に一役買った例です。


【事例3】買い足し応援 商品券プレゼントTwitterキャンペーン

大手家具・インテリア小売企業が実施したキャンペーン。

自社公式Twitterをフォロー、キャンペーンツイートをリツイートすることで応募完了。

抽選で店舗で使える商品券を抽選でプレゼント。

こちらも、よく見かける「フォロー&リツイートキャンペーン」ではありますが、新生活と家具・生活インテリア雑貨の相性は大変良く、買い足し・買い揃えの消費者ニーズに対して、「新生活応援」のテーマにフィットさせた事例です。

賞品を自社商品券とすることで、SNSのコミュニケーションだけで終わらず、リアル店舗への来店促進にも繋げています。


【事例4】春のおでかけ弁当 Instagramキャンペーン

食品メーカーが企画したフォロー&ツイートキャンペーン。

春=行楽、をお弁当に結びつけた企画で、おでかけの際に作ったお弁当の写真に指定ハッシュタグを付けて投稿すればOK。

抽選で、豪華家電やキッチン用品をプレゼント。

食材やジャンルを問わないことで、和・洋、キャラ弁など趣向を凝らした様々なお弁当社員が投稿され、また魅力的な家電用品を賞品に設定することで、ターゲットである主婦層へのアプローチに成功してします。


【事例5】新入園応援 お昼寝布団プレゼントInstagramキャンペーン

こちらはベビー用品メーカーが公式Instagramを活用して実施。

子どもの保育所入園を控えるママ層に向けて、必ずといっていいほど購入が必要なお昼寝布団を賞品に。

また、購入準備時期に合わせてキャンペーンを実施することでユーザの興味を引き、新規フォロワーの獲得、ブランド認知拡大・ファン化を図ったものです。

「ターゲット層が欲しがるものを賞品にする」という大原則が奏功した企画ですね。


Instagramでの春キャンペーンの傾向

その他、Instagramを活用した投稿キャンペーンで言えば、「春のファッションコーディネート」「お花見フォト」「〇〇と桜」「春の花」といった春の写真をテーマにした企画が多数見受けられます。

春はテーマ次第で被写体となり得る対象が多くあるので、フォトジェニックなInstagramキャンペーンは企画しやすい傾向にありますね。


春はキャンペーン実施の好機!

進学、就職、転勤など、新生活をスタートしたり、新しく何かを始める人が多い「春」。

消費者側は環境の変化に伴って、必要品の購入頻度が上がり、SNSやECサイト等のサービスも利用し始める人が多くなるとあって、商品メーカーやサービス提供企業にとって春は販売促進、新規ユーザの獲得を狙える大チャンスです!


また、「春」というキーワードは汎用性が高く、人によって春に迎える環境的変化は様々でも、広い層をターゲットにして、訴求することができます。

加えて、これまで過去に実施したプレゼントキャンペーンでも、「新生活応援」「行楽」といったキーワードを絡めて打ち出せば、より特別感が演出できますよね。


今回のまとめ

①    企画は奇をてらう必要はなく、シンプルでいい(抽選でプレゼント)

②    SNSでの参加型企画(春にちなんだ投稿型)

③    新生活用品を対象としたマストバイ(自然増するニーズにブーストを掛ける)


これから、春季企画を検討される販促担当者様にとっては、「春」をエッセンスにして、商材の訴求方法を再検討、過去実施のキャンペーン企画をリメイク、またはブラッシュアップするのが早道かもしれません。


キャンパケでは、企業様のご要望に応じて、企画立案フェーズからのご支援もさせていただいています。

-------------------------------------------------------------------------

「早々に4月実施のキャンペーンを企画したい」

「春にキャンペーンを打つが、事務局の委託先を探している」

-------------------------------------------------------------------------

というお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

引き続き、『キャンパケ』をよろしくお願いいたします!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧