catch-img

キャンペーン応募フォーム 項目設定のポイント


目次[非表示]

  1. 1.フォームの項目数は必要最低限にとどめましょう
  2. 2.必須項目の数を減らしましょう


今回は、応募フォームを作る際の項目設定のポイントについてご紹介します。

せっかく応募フォームを作っても思ったより応募数が少ないなぁ、と思っている方には、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。


フォームの項目数は必要最低限にとどめましょう

ある調査会社の調査結果によると、フォーム項目数が2個増えるごとにコンバージョン率(回答率)に悪影響が出ることがわかっています。

項目数が5個でコンバージョン率が13.4%だったフォームを7個にすると12.0%に、9個だと10.0%にまで下がってしまいます。

お客さまからより多くの情報を得たいと思ってあれもこれもと項目を設定すると、せっかくキャンペーンを実施しても入力の手間の多さに応募者が敬遠して、コンバージョン率が下がってしまいます。

応募フォームでは必要最低限の項目数にとどめましょう。

また、

(1) 本製品をご購入いただきましたか? はい/いいえ
(2) 質問(1)ではいと答えた方だけお答えください~

のような、条件によって変わる項目も数が増える要因の一つです。

例の場合ですと、(1)のはい/いいえを聞く項目を省いて一つにまとめ、数を減らすのもコンバージョン率アップのために良い手の一つです。


必須項目の数を減らしましょう

応募者は、アンケートや詳細な個人情報など不必要と感じる項目には情報を入力したいとは思いません。

「必須項目」が多くなるほど離脱率は高まります。

まずは入力必須の項目を減らし、こちらが入力してもらいたい項目は、必須ではなく任意で入力してもらうようにしましょう。

但し、賞品発送先の住所など必ず取らなければいけない情報の場合は、当選者からのみ後日取得するようにフォームを分ける事で項目数を減らせば、個人情報管理リスクの低減にもつながります。

でも項目数をどう減らせばよいのか判らない?この項目数が適切かどうか判らないなど、お困りごとがあるかと思います。

キャンフォームでは、経験豊富なスタッフがキャンペーンに合ったフォームの設定をご提案します。

より質が高く応募数の多いキャンペーンのために、キャンフォームを是非ご活用ください。


今回は応募フォームの質問作成についてご紹介いたしました。

今後とも、“キャンパケ””キャンフォーム”をよろしくお願いいたします!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧