catch-img

【ゴールデンウィーク】キャンペーン事例4選


目次[非表示]

  1. 1.ゴールデンウィークは絶好の販促タイミング!
  2. 2.ゴールデンウィークのキャンぺーン事例
    1. 2.1.【事例1】お食事券プレゼント Twitterキャンペーン
    2. 2.2.【事例2】おでかけコーデ Instagramキャンペーン
    3. 2.3.【事例3】こどもの日 こいのぼり・節句 Instagram キャンペーン
    4. 2.4.【事例4】家電販売ECショップ レビュー投稿キャンペーン
  3. 3.リアル店舗でも更なる販売促進のチャンス
  4. 4.今回のまとめ

ゴールデンウィークは絶好の販促タイミング!

今回は、ゴールデンウィークのキャンペーン事例をご紹介します。

大型連休の中でも絶好の行楽シーズンであるゴールデンウィークは旅行や外出など人の動きが活発になり、また新たな情報に触れたり、商品の購買頻度が増すため、企業様にとってもプロモーション強化の絶好機です。

また、連休中には「こどもの日」があるため、子どもをキーワードに施策を打つ事で、ファミリー層への効果的な訴求も期待できます。


SNS(Twitter、Instagram)やECショップでゴールデンウィークに実施されたキャンペーン事例をご紹介します。

連休中には「こどもの日」があるため、ターゲットを子どもに向けて施策を打つ事で、ファミリー層への効果的な訴求となりました。


ゴールデンウィークのキャンぺーン事例

【事例1】お食事券プレゼント Twitterキャンペーン

外食企業が実施したキャンペーン。公式TwitterまたはFacebookをフォロー、

キャンペーンの投稿をリツイートすることで応募完了。当選者には店舗で利用できるお食事券をプレゼント。


企画自体はシンプルな「フォロー&リツイートCP」ではありますが、普段よりも外食の機会が増えるゴールデンウィークでの実施はベストなタイミング。

また、消費者にとって実用的なお食事券を賞品にすることで、店舗への来店促進、リピート客獲得も図れる好例です。


【事例2】おでかけコーデ Instagramキャンペーン

航空会社とファッションブランドがコラボして実施したキャンペーン。

主催企業両方の公式Indtagramをフォロー、指定ハッシュタグを付けて、お出かけコーディネートの写真を投稿して応募完了。

当選者には航空会社のポイントと、ファッションブランドのコーディネートアイテムをプレゼント。


旅行、おでかけの機会が増えるゴールデンウィークにぴったりのキャンペーンで、テーマに合った企業コラボレーションによって実現した企画事例です。

主催者としては両社の企業・ブランドの認知拡大が期待でき、応募者は両社の賞品がWでゲットできる、まさにWinWinWinの企画と言えるでしょう。


【事例3】こどもの日 こいのぼり・節句 Instagram キャンペーン

こいのぼりの製造・販売を手掛ける企業がこどもの日に当てて実施したInstagramキャンペーン。

公式Instagramアカウントをフォローし、指定ハッシュタグを付けて、子ども×こいのぼり/節句をテーマにした写真を投稿して応募。

投稿写真を選考し、優秀作品の受賞者には、投稿写真をプリントしたグッズ等をプレゼントした企画事例です。


子ども×節句×自社製品(又は自社サービス)というフォーマットは、ファミリー層をターゲットにする企業、ブランドで応用することができ、ゴールデンウィークを機に認知拡大、新規顧客の獲得を図ることができる企画と言えるでしょう。


【事例4】家電販売ECショップ レビュー投稿キャンペーン

家電通販ECショップがゴールデンウィーク限定で実施したキャンペーン。

期間中に、販売商品にレビューした会員全員に、次回利用可能なポイントを進呈。

またWチャンスとして、応募者の中から抽選でより高価なポイントをプレゼント。


購買意欲が上がるゴールデンウィークに販売促進を狙った企画で、もれなくもらえるポイントとは別に、Wチャンスに高価なポイントを設定している点が応募者の期待心理をうまく捉えています。

ポイントを進呈することで再購入を促すことができますし、レビュー件数の増加によりECショップの充実度アップも実現しています。


リアル店舗でも更なる販売促進のチャンス

今回の事例では、オンライン(SNS・Web)の企画をご紹介しましたが、当然、リアル店舗でのキャンペーン実施も有効です。

まだまだコロナウイルスの影響はあるものの、ゴールデンウィークには平常時よりも来客数の増加が見込めますし、マストバイを主とした企画を打つには絶好の機会でしょう。

アナログなところで言えば、お買い上げレシートや商品シールを集めての応募企画や、館内での回遊率アップを狙ったスタンプラリー企画、店舗の催事スペースでのガラポン抽選会などが定番でしょう。

また、SNSやECサイトからリアル店舗への送客を図るキャンペーンも効果的です。


今回のまとめ

・ 消費者にとって特別感があること

・ ゴールデンウィークと企業・ブランド・サービスの親和性を意識

ゴールデンウィーク等の大型連休は、1年を通じて特別なイベント時期ですので、上記を意識して十分に考慮して企画を立てる必要があります。


-------------------------------------------------------------------------

「ゴールデンウィークにキャンペーンを企画したいけど、どんな施策がいいか悩んでいる」

「ゴールデンウィークキャンペーンの事務局業務の委託を検討している」

-------------------------------------------------------------------------

という販促ご担当者さまは、

是非一度お気軽に「キャンパケ」にお問い合わせください。

引き続き、「キャンパケ」をどうぞよろしくお願いいたします!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧